耽美画報

アーカイブ: 作品案内

虜

『虜』のこと(2)

これまで、SMや寝取られといった官能小説を飽きもせず書いてきましたが、その中でも自分がノリノリの状態で書いたものというのは、そんなにたくさんはないです。 その中の一つが『役員会』でして、特にヒロインの絵梨子が役員会の会長である犬山の手に落ち、延々と責めを受けるシーンは自分でもよく書けたなと思っています。 今回の『虜』で、ヒロインの名前を『役員会』と同じ絵梨子にしたのは、この時の熱がもう一度自分の中…
続きを読む
お知らせ・その他

『虜』のこと

4月から連載を開始しました『虜』ですが、お話も順調に進み、今週で36話まで掲載となりました。 白川の作品の中では「寝取られもの」に分類されますが、お話はこれまでのように夫目線ではなく、ヒロインである絵梨子の視線で進みます。ですので「堕ちもの」といった方が良いかも知れません。 それと、白川の作品は往々にして登場人物がいつの間にか増え、ストーリーが拡散してしまいがちになるんですが、今回は極力絞り込むよ…
続きを読む
地獄の美囚

『地獄の美囚』のこと(5)久我祥子について(3)

「萌え」って言葉はあまり使いたくないんですが、自分が『地獄の美囚』の久我祥子に代表される勝ち気で知的な女性に惹かれるのは、いわゆる「ギャップ萌え」かと思います。 普段はつんと澄まして、男なんかに負けないと肩ひじ張っている女性が、淫らな責めの前に敗北していく姿に惹かれる訳です。 まあ、この「ギャップ萌え」というのは別に珍しいものではなくて、たとえば人妻ものやロリコンもの、女教師ものに近親相姦ものとい…
続きを読む
地獄の美囚

『地獄の美囚』のこと(4)久我祥子について(2)

さて、『耽美画報』の読者の方ならすでにお分かりかと思いますが、白川は勝ち気で男勝りな、いわゆる「鉄火娘」が大好物です。 鬼六作品では『花と蛇』の京子、『肉体の賭け』の久美子、そして『新妻地獄』の雅子といったところです。 さらに、これらの女性がインテリであればなおさらいいですね。 上記の三人とも大卒、または女子大に在学中と、そこはかとなくインテリの香り(現在は女子大生だからといってインテリとは限りま…
続きを読む
地獄の美囚

『地獄の美囚』のこと(3)久我祥子について

『地獄の美囚』は山野辺涼子と美歩の母娘がヒロインとしてスタートしましたが、間もなく、異国に囚われた母娘を救おうとするサブヒロインが登場します。 これが山野辺涼子の妹で久我祥子。全国高校剣道選手権女子の部2年連続優勝という武道の達人で、『花と蛇』の京子のポジションです。 しかしながら京子と違うのは、祥子は東大法学部在学中に司法試験に合格、その後東京高等検察庁に6年間勤務した後、人権派の弁護士として活…
続きを読む