耽美画報

アーカイブ: 作品案内

『新 花と蛇』について(2)

 結果的はこの試みはうまくいったのではないかと思います。新しいキャラクターを入れたことで『新 花と蛇』は物語としての膨らみを見せ、330話以上の連載となりました。  ただ、ファンフィクション作品はやはりオリジナルあってのものですので、徐々にフリーサイトに移していくこととしました。今週末に77、78話を掲載しますが、週二話ペースで会員サイトの331話分をフリーサイトに移すのはあと二年半近くかかります…
続きを読む

『新 花と蛇』について(1)

 本サイトに掲載しております『新 花と蛇』ですが、これは言うまでもないことですが団鬼六先生の名作『花と蛇』のファンフィクションです。  今のSM小説の基本となる骨格を作ったと言ってもよい『花と蛇』ですが、二次創作の分野ではあまり見かけません。商業では神崎京介氏の『新・花と蛇』や、奇譚クラブに連載された山光純(杉村春也氏の変名という説あり)氏の『パロディ花と蛇』くらいでしょうか。  白川も以前から『…
続きを読む
作品案内

古い写真(4)

 医師としても優秀で人柄もよく患者に慕われていた北上葉子が、なぜ娼婦に身を落とすことになったのか、今となっては定かではない。しかしながら当時I県では勤皇博徒として知られた林崎一家と、新興のやくざである吉岡組の間で激しい抗争が繰り広げられており、葉子はその抗争に巻き込まれてという話もある。
続きを読む
作品案内

『虜』のこと(2)

これまで、SMや寝取られといった官能小説を飽きもせず書いてきましたが、その中でも自分がノリノリの状態で書いたものというのは、そんなにたくさんはないです。 その中の一つが『役員会』でして、特にヒロインの絵梨子が役員会の会長である犬山の手に落ち、延々と責めを受けるシーンは自分でもよく書けたなと思っています。 今回の『虜』で、ヒロインの名前を『役員会』と同じ絵梨子にしたのは、この時の熱がもう一度自分の中…
続きを読む
お知らせ・その他

『虜』のこと

4月から連載を開始しました『虜』ですが、お話も順調に進み、今週で36話まで掲載となりました。 白川の作品の中では「寝取られもの」に分類されますが、お話はこれまでのように夫目線ではなく、ヒロインである絵梨子の視線で進みます。ですので「堕ちもの」といった方が良いかも知れません。 それと、白川の作品は往々にして登場人物がいつの間にか増え、ストーリーが拡散してしまいがちになるんですが、今回は極力絞り込むよ…
続きを読む