『恥虐の牝檻』のこと

杉村春也のたぶん最後の作品が『恥虐の牝檻(SM秘小説掲載時のタイトルは『性隷夫人悲姦の絆』)』は、鬼六さんがSM小説から離れた平成におけるこの世界の最高傑作ではないかと思います。当サイトの『ニュータウンの奴隷家族』も多大な影響を受けています。
特に、後半に登場する石川百合恵は、白川にとってSM小説のヒロインの理想の一人です。百合恵夫人が煽情的なビキニ姿でジョギングを強制されるシーンは同作品の名場面ですし、『ニュータウン』にも同様のシーンが登場します。今回はそのシーンを再現してみました。Poserの焦点深度の機能を使って、遠景はぼかし気味にしてみました。いつもの挿絵とはちょっと違った感じになったのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

好きなイラストレーター(その一 沖渉二)

1999年4月15日分再録。沖先生は、この書き込みを非常にうれしく思われ、プリントアウトしてずっともっておられました。

好きなイラストレーター(その一 沖渉二)

  好きなイラストレーターといえば何といっても沖渉二。描く女性のキリリとした顔立ち、肉感的な体つき、大胆かつ繊細な筆致、バランスの良い構図、どれをとってもこの世界のナンバーワン。
 古くは「裏窓」時代から活躍し、サン出版の「コレクター」や「アブハンター」(後に「奇たん」)では、劇画、挿し絵、口絵、絵物語と一人三役も四役をこなし、両誌は沖渉二でもっていたといっても過言でない(と思う)。

 鬼プロ発行の「キング」では、「穴蔵令嬢」や「緋櫻地獄」など、団鬼六原作の劇画が懐かしい。「ファン」、「マニア」での扉絵に二色絵物語。千草忠夫と組んだ「スピリッツ」小説挿し絵、「秘小説」での杉村春也作品挿し絵、いずれもこの世界を代表する作品群である。

 この世界の挿し絵画家には、古くは奇譚クラブの四馬孝、時代小説の挿し絵で有名な堂昌一の変名である春日章、これも石原豪人名での怪奇小説・探偵小説の挿し絵で知られる林月光(昨年惜しくも死去)、日本画出身の前田寿按、劇画出身の笠間しろう、繊細な筆致で絹絵を描く小妻容子など、そうそうたる顔ぶれが並ぶ。

 しかし、この世界にはやはり画家の方にも、この趣味に対する嗜好といったものがあった方がよい。趣味と画力のバランスが最も重要ではないか。

 上に並べた面々には、ある程度はこの種の趣味が存在するようだが、画力と趣味のバランスが最も良いのは沖渉二だと思う。

 そういった意味では、沖渉二はイラスト界の「団鬼六」といったところか。

 沖渉二には普通の官能小説の挿し絵もあるが、これらははっきりいって、この世界の小説挿し絵とくらべて、著しく精彩を欠く。沖氏はやはりこちらの世界の人だと思うのである。

 沖渉二は現代日本を舞台にしたものだけでなく、いわゆる「赤毛物」を描かせても非常に上手い。二色口絵や絵物語では、南北戦争後、白人と黒人の地位が逆転し、南部の上流階級の白人女が零落して、今まで奴隷として使ってきた黒人達に責めなぶられるという設定のものを良く描いた。

 異国情緒豊かな、アラブ等を舞台にしたものも得意で、「コレクター」に連載された山光黎作「美しき生贄」の挿し絵は、最も脂がのった時期の氏の代表作といえよう。

 かと思えば純和風の時代物も実に達者で、美濃村晃氏と組んだ、劇画「お銀受難旅」といった名作もある。

 このHPに掲載されている、また今後掲載されるであろう私の拙いイラストは、沖氏の影響を多大に蒙っている。現在、氏が筆を折った状況になっているのは実に残念である。沖氏の劇画化による「花と蛇」を切に読みたいと願っているのは私だけだろうか。

連載小説のときめき

1999年4月7日掲載分の再録。状況は変わっていないというか……ますます悪化しているようですね。

連載小説のときめき

 面白い連載小説があると、掲載誌の発行日が待ち遠しくてたまらなくなります。
 まだ出ないか、まだ出ないかとそわそわして、そうだあの書店では発売日の一日前に店頭に並べていたはずだなんて、あてにもならないことを根拠にわざわざ電車代つかって出かけていって、やっぱり出ていないと空しく手ぶらで帰ったり、ようやく発売になって、どういう展開になったか焦って慄える手で店頭でページをめくったり、いや立ち読みするのはもったいないと、購入して帰る道すがら、やっぱり我慢できなくて駅のトイレの個室で書店の紙袋を破って、読みふけってしまったりと、思わず読点を打つのも忘れた野坂昭如みたいな文章になりましたが、皆さんこんな経験はないですか。

 昔の奇譚クラブを読んでいると、「花と蛇」のリアルタイムの読者はまさにこんな気持ちで毎月の発売日を待っていたようですね。「恋人に会うような気持ちで待って、掲載されていなければまるで恋人にすっぽかされたような落胆を味わった」と表現した読者がいましたが、それが実感でしょう。

 私がリアルタイムでこんなときめきを味わった最初の経験は、団鬼六の「鬼ゆり峠」が連載中の「SMセレクト」ですね。毎月、京都は寺町通りの古本屋に自転車を飛ばして買いに行きました(当時は古本屋ルートというのがあって、SM雑誌の新刊を一部の古本屋で売っていたのです)。

 あの「花と蛇」のリアルタイムの読者でなかったのは残念ですが、小説としての完成度はこちらが上と思われる「鬼ゆり峠」をリアルタイムで味わえたのは楽しい経験でした。当時は競合の「SMファン」に、団氏もう一つの力作、「肉の顔役」も連載中でしたから、ダブルの楽しみでした。団鬼六氏の黄金期でした。セレクトとファンを毎月買っていた、SM小説ファンとしては幸福な時代です。

 杉村春也の「性隷夫人悲姦の絆(恥虐の牝檻)」が連載中の「SM秘小説」も毎月の発売日が楽しみでしたね。沖渉二の華麗な挿し絵が魅力的でした。特に石川百合恵夫人が登場してからの展開は次が待ち遠しく、発売日である月初めになっては本屋に飛んでいったものです。終わってしまうのが残念で残念で。杉村さんどうしてもっともっと百合恵を責めてくれなかったの(混乱している)。しかしあそこで終わったから名作なのかもなあ。

 今はほとんどそういった楽しみはないのでとても悲しいです。マニアもスナイパーも秘小説も面白くないぞ(殿山徹二の「燃えよ性隷夫人」はちょっと面白くて、秘小説の発売が待ち遠しかったけど。この「燃えよ性隷夫人」って、明らかに「恥虐の牝檻」を意識してるところがある。ストーリーはどうしようもなく粗雑ですが)。
 かといって書き下ろしのフランス書院等の文庫群もどうしようもない。チェックしたいSM作家は一人もいません(断言)。
 あ、だけど、深山幽谷の「悦虐」は、割と凄かった。第二弾はいまいちだけど。

 ああ、生きているうちにもう一度、掲載紙の発売日が待ち遠しくなるような面白い小説に出会えるのだろうか。「鬼ゆり峠」や「性隷夫人悲姦の絆」のような、恋人を待つようなときめきとともに待つ作品が。それを思うと暗澹としてくるのである。

 ところでこのHPは周に一度程度更新しますが、更新を少しでも待ち遠しく感じてくれる人が一人でもいれば嬉しいですね。

薄暗い古本屋

久々に「白川夜話」再録。1999年3月30日掲載分です。

薄暗い古本屋

高校生の頃、学校のある駅の一つ手前を降りて、線路沿いに歩いたところに、薄暗い古本屋がありました。
名前はもう忘れてしまいましたが、愛想の悪い親父が店の奥に坐っており、親父のすぐ隣の平台に、2、3カ月遅れのSM雑誌や奇たん倶楽部等が平積みにされていました。その横の棚には芳賀書店発行の、黒箱入り「花と蛇」や、久保書店のSM叢書などがが並べてありました。
中学生時代からSM趣味の道に足を踏み込んでいた私にとって、そこはまるで楽園のような場所でした。

未成年である私が、SM関係の出版物を手に入れるには、普通の本屋からでは限界がありました。どぎつい表紙のSM雑誌はとても買えません。桃園書房発行の、団鬼六の小説を買うのが精一杯でした。

話は少し脱線しますが、桃園書房の団鬼六シリーズは、タイトルを見ただけでは、内容が想像しにくくなっています。「新妻地獄」、「黒薔薇夫人」、「番長流れ者」、「夕顔夫人」、「緋ぢりめん博徒」などは、単なる中間小説のような装丁になっています。シリーズにも「異色現代小説」とう惹句が付されていましたし。気の小さなマニアが書店で買いやすいような配慮でしょうか。キオスクでフランス書院文庫が買える現在から見れば、隔世の感があります。

さて、桃園書房の新書で団鬼六ファンになっていた私にとって、探求すべき一大テーマが「花と蛇」でした。これの芳賀書店版を初めて見つけたのがこの古本屋でした。
奇クのバックナンバーも随分買いました。当時一冊200円くらいだったでしょうか。今は数千円するのではないかと思います。
最初の収穫は「地獄花(続夕顔夫人)」が掲載されたS&Mフロンティアでした。由利子ファンの私にとって、桃園書房の夕顔夫人(上下巻)のラストは、いささかフラストレーションのたまるものでした。
しかし、「地獄花」においては、弦月流家元、島原家の夢路と由利子の美人姉妹は、姉妹同時浣腸、同時排泄、肛門拡張調教、姉妹レズなどのハードな責めを受けており、私のフラストレーションを一気に解消する内容となっていました。
その他、絵物語花と蛇や、沖渉二作画の穴蔵令嬢がのったSMキング、奇たん倶楽部の花と蛇総集編、やはり桃園書房の新書版には掲載されなかった「肉体の賭け」ラスト4回、これらに出会ったのはすべて薄暗い古本屋でした。
私のような未成年が仮に普通の本屋でこういった本を買えば、白い眼で見られるか、場合によっては売ってくれなかったかも知れません。しかし、そのこ無愛想な親父は何も言わずにこれらの本を売ってくれました。

現在、古本屋はこぎれいな「新古本」を扱う明るい店が中心であり、昔ながらの古本屋でも、奇たん倶楽部をおいているようなところは、やたらに高くて手が出ません。
それに、SMそのものが随分明るいイメージのものになってしまい、かつてのような薄暗い古本屋での、怪しい未知のものに対するドキドキした出会いなどは望めません。

このHPは昔の薄暗い古本屋のイメージで作りました。訪れてくれる人が、かつて私が体験したような「今日はどんな怪しいものがはいっているか」、というようなときめきが少しでも得られるなら、望外の幸せです。