耽美画報

アーカイブ: 虜

虜

『虜』のこと(2)

これまで、SMや寝取られといった官能小説を飽きもせず書いてきましたが、その中でも自分がノリノリの状態で書いたものというのは、そんなにたくさんはないです。 その中の一つが『役員会』でして、特にヒロインの絵梨子が役員会の会長である犬山の手に落ち、延々と責めを受けるシーンは自分でもよく書けたなと思っています。 今回の『虜』で、ヒロインの名前を『役員会』と同じ絵梨子にしたのは、この時の熱がもう一度自分の中…
続きを読む
お知らせ・その他

『虜』のこと

4月から連載を開始しました『虜』ですが、お話も順調に進み、今週で36話まで掲載となりました。 白川の作品の中では「寝取られもの」に分類されますが、お話はこれまでのように夫目線ではなく、ヒロインである絵梨子の視線で進みます。ですので「堕ちもの」といった方が良いかも知れません。 それと、白川の作品は往々にして登場人物がいつの間にか増え、ストーリーが拡散してしまいがちになるんですが、今回は極力絞り込むよ…
続きを読む