耽美画報

アーカイブ: 被虐の鉄火花

『被虐の鉄火花』と大河小説

『被虐の鉄火花』は、現在まででおよそ文庫本で10冊分。この手の小説では異例の長さとなりました。 物語の方はだいぶ前から大詰めと言ってますが、それにもかかわらず、いっこうに終わる気配がありません。 いや、終わろうと思えば終われるのです。その機会もこれまでいくらでもありましたし、今でも、救援が現れて蘭子以下全員解放という展開は十分可能です。 葉子なんて新キャラを出してだらだら続けるよりは、小説としては…
続きを読む