耽美画報

アーカイブ: 新花と蛇

新花と蛇

74.地獄巡り(12)

「ね、ねえ、お願い……そのお道具を使って珠江に……」  珠江はそこまで言いかけてあまりの羞かしさに口ごもるが、勇気を振り絞ったように続ける。 「珠江に気を、気をやらせて頂戴」  ついにそんな科白を口にした珠江に、熊沢、大沼、そして平田といった男たちはどっと笑いこけ、次に手を叩いて珠江を囃し立てる。 「それと、ふ、冬子さんとおっしゃったかしら、お願いです。珠江のおっぱいを優しく揉んでくださらない?」…
続きを読む
新花と蛇

73.地獄巡り(11)

(この辛さと苦しさを悦びに変えるのよ――それが美沙江さんや絹代さんを救う道のはず)  珠江はひたすらそう念じ、絹代たちが目の前にいることを必死で頭の中から払いのけようとする。  その願いが叶ったのか、または珠江の懸命な努力の賜物なのか、珠江の心はいつしかその身体から離れ、忘我の境地へと入り込んで行くのだ。 「ああ――」  珠江は切なげに呻くと豊満な双臀を悶えさせる。いつの間にか珠江の菊花は久美子の…
続きを読む
新花と蛇

72.地獄巡り(10)

 実際は露見しているのだが、珠江がそう考えてくれてくれるのは久美子としては好都合である。  久美子が今最も恐れていること、それは絹代が美沙江と、そして美紀が小夜子と引き合わされることである。さきほどの京子と美津子姉妹の変貌ぶりから想像すると、まだその姿を見ていない二人も現在どのような状態に堕とされているか分からない。そんな母と娘がいきなり対面させられたら、互いに取り返しがつかないほどの精神的な傷を…
続きを読む
新花と蛇

71.地獄巡り(9)

「おらっ、誰が泣けと言った。ちゃんと最後まで続けんかいっ」  熊沢は怒声を上げると珠江の尻を思いきり平手打ちする。ぴしっという痛快な音が座敷に鳴り響き、珠江の白い尻の肌に熊沢の手形がくっきりと記される。  先程「乱暴はあかん」と義子の尻打ちを止めた熊沢が人が変わったように珠江に折檻を加え始めたのを、美紀と絹代は呆気に取られたような顔で見ている。  熊沢もポルノ業者まがいの商売をしているとはいえ根は…
続きを読む
新花と蛇

70.地獄巡り(8)

「まあまあ。乱暴はあかんな」  珠江の陶器のような白く滑らかな肌に、涎をたらさんばかりの顔つきで見とれていた熊沢が声をかける。 「折角の奇麗な肌に痣がつくやないか」  熊沢はでっぷり太った体を重そうに起こすと、座敷の中央の珠江が立ち縛りになっている舞台に近づく。 「ちょっと触らせてもらうで、奥さん」  熊沢は無骨な手で珠江の透き通るようなうなじや滑らかな背筋、形良く実った乳房などをゆっくりと撫で回…
続きを読む