耽美画報

アーカイブ: 変身(オリジナル版)

変身(オリジナル版)

変身(25)

「教えて欲しいことがある」 「なんでしょう?」 「あんた、女の前では関西弁を隠すのか?」 「そんなことはありません。これが地ですし、女を口説く時はむしろ関西弁の方が便利です」 「なら、どうして妻の前では関西弁を抑えていた?」 「それは簡単です。ご主人が標準語でしゃべるからです。奥さんからの希望でした」 「あと一つ聞いても良いか」 「はい」 「妻の……その、お尻の処女を奪ったのか」 「奪っていません…
続きを読む
変身(オリジナル版)

変身(24)

 私は翌日、会社には医者に立ち寄ると連絡して春日に会うことにしました。  今回は会社の近くの喫茶店は避け、駅の近くの公園に春日を呼び出しました。朝の公園は人も少なく、周囲に話を聞かれる心配がありません。  春日はほぼ時間どおりに、中年太りの身体を揺すりながらやって来ました。 「どうも、わざわざ近くまで来ていただいて申し訳ありません。本来なら私の方が出向かなければならないところですのに」  春日は深…
続きを読む
変身(オリジナル版)

変身(23)

 妻の涙がポタポタとテーブルの上に落ちます。私は何を言ったら良いか、言葉を失いました。 「寂しかったから春日に抱かれたのか」 「違います……あなたに、抱かれたかった」 風俗にのめり込んでいる間、それまでも疎遠気味だった妻とのセックスはますます少なくなりました。セックスレスといっても良い状態です。 しかし私はずっと妻はセックスに対して淡泊であり、それでも不満はないのだと思っていました。 「あなたが私…
続きを読む
変身(オリジナル版)

変身(22)

「それと、離婚するかしないかは俺達夫婦の問題だ。お前が口出しをするな」 「ごもっともです」 「それからさっきからのお前の関西弁も気に入らない。ふざけているのか」 「ふざけていません。私はもともと関西出身で、これが普通です。銀行でも関西弁で通しています」 「ビデオの中ではそうじゃなかったぞ」 「あれは……奥さんが標準語で話してくれと……」 妻がどうしてそんな希望を出すのでしょう。私は首をひねりました…
続きを読む
変身(オリジナル版)

変身(21)

 私と話をしたければ携帯に電話をすればすむことです。妻は私が家にいないことを知りながらあえて家の電話にかけて来たということは、私とすぐに話すのを避けたかったからでしょうか。  私は妻の希望をわざと無視して、実家の電話にかけます。病に倒れている義父やその看病で疲れている義母を巻き込みたくはなかったのですが、妻にも私が味わった嫌な気持ちの何分の一でも体験させなければ気が済みません。何度かのコールの後、…
続きを読む