耽美画報

アーカイブ: コミック

おすすめ

はいとく先生『あの!お母さんの詳細』

母子相姦もの好きなので、何本か紹介します。 まずはこれ「はいとく先生」の『あの!お母さんの詳細』。 分からない人はタイトルが意味不明ですが、ネット界隈では有名な母子相姦をテーマにしてコラージュが元ネタになっています。 作者はこれまでもっぱら寝取られものを描いてきた人ですが、この作品で一皮剥けたのではないかと思います。おすすめです。
続きを読む
ブログ

いけにえの母

四畳半書房さんの、前作『母娘の檻2・人間をやめた母娘』から約一年ぶりの新作。 これも、先の納屋さんの作品と同様、過去の作品(いじめられっ子の母)のリメイクですが。 しかしこの方、画力の向上が半端じゃないですね。最初の頃は、筒井康隆さんが描いたマンガみたいな絵だったんですが。 その頃の方と同一人物だと言うことがちょっと信じられないくらいです。コスパも良いですし、内容ももちろんおすすめです。
続きを読む
ブログ

女上司地獄落ち・冴子は部下の虐待用奴隷

納屋さんの新作が出ましたので早速購入しました。 以前フリーサイトで発表されたもののリメイクのようですが、今回の有料版はストーリーの広がりもあり、 読み応えがあります。シーメールものも多いサークルですが、自分としてはこういった女性を責めるオーソドックスな 作品の方が好みです(シーメールものも悪くはないですが)。
続きを読む
おすすめ

『母子相姦~離婚の悩み~』

母子相姦もので独特の世界を展開している「十六夜のキキ」さんの新作です。1,050円という価格をどう考えるかですが、リアルな中にも暗さを感じさせない作風はこの方だけのものなので、母子相姦ものが好きな方は買っても損はないと思います。作風は全然違いますが、同様の例はふじさわたつろー氏でしょうか。
続きを読む
ブログ

母親失格・エリート親子のM豚寝取られ転落人生

もう一作紹介。華フックさんの新作です。 正直言って、母と息子の関係で「寝取られ」っていうのは違うんじゃないかなと言う気がしないでもないです。 もちろん、すでに近親相姦の関係にあるのなら別ですが、この作品はそういうわけでもない。従って寝取られというよりは「母堕ちもの」として楽しむのが良いかなと思います。 特筆すべきはそのページ数。なんと480ページでお値段945円はこの手のコンテンツでは破格の安さで…
続きを読む