アーカイブ: 2017

新花と蛇

59.新たな生贄(2)

「わかったよ。あんた、美沙江の母親だね」  絹代だけでなく久美子と美紀も、ショックを受けたように銀子を見る。 「驚くところを見ると図星のようだね。義子とマリから写真を見せられた時からどこかで見たような顔だと思っていたんだよ。美沙江の母親だったらそう思って当たり前だね」 「ち、違います。美沙江なんて人、知りませんわ」  絹代は慌てて首を振る。 「下手な芝居をしたって無駄だよ。さっきとっさに出た悲鳴に…
続きを読む
変身(妻物語版)

変身(14)

 ビデオの場面は切り替わり、妻は畳の上に正座しています。妻はカメラに向かって深々とお辞儀をしました。 「あなた……こんな素敵な旅館に連れてきていただいて、ありがとうございます。紀美子、感激いたしましたわ」 「そうか」  男は妻の言葉に満足そうに笑います。」 「俺と紀美子の新婚旅行だと思うんだ、わかったな」 「わかりました」  妻は素直に頷くと、再びお辞儀をしました。 「健一さん、ふつつかな女ですが…
続きを読む
新花と蛇

60.新たな生贄(3)

「やめてっ! やめてっ!」  悦子が脂汗を流しながら裸身を激しく悶えさせるが、堅く縛り上げられた身では朱美の操るライターの火を避けようもない。陰毛が焦げる独特の臭いが地下室倉庫に立ち込め、悦子の悲鳴が途切れる事なく響く。 「だいぶマンコが赤くなって来たぜ」 「しばらく使い物にならねえんじゃねえか」  三人のチンピラたちはライターの火で炙られる悦子の陰部を、さも楽しげに代わる代わる覗き込んでいる。 …
続きを読む
新花と蛇

58.新たな生贄(1)

「手掛かり――そうだ、慌てていたのですっかり忘れていたわ」 (何だ?) 「こちらの屋敷に向かう時、連中が用意した車に乗り切れなくて、タクシーに分乗したの。そのタクシーのナンバーを覚えているわ。品川××の53××よ。クリーム色で車の横にチェッカー模様の横線が入っていたわ」 (そうか、久美子。よくやったぞ。すぐにその車を調べる)  受話器の向こうで山崎の歓声が響いた時、電話ボックスの背後で車が止まる気…
続きを読む
新花と蛇

57.潜入(4)

「久美ちゃんはどうする? 良かったら若い男を紹介するわよ」  マリが久美子を見ながら声をかける。 「私は、遠慮しておくわ」 「そう」  久美子があわてて手を振るとマリはあっさり引き下がる。 「彼氏に操を立てているんやろ」  義子のからかいに、久美子は曖昧な笑みで答える。 「それじゃあ、せっかくだから私達と少し飲みながら待っていましょうよ。こちらの奥様方も泊まるのはまずいのでしょう? 終わったら一緒…
続きを読む