アーカイブ: 7月, 2017

新花と蛇

36.美少年散華(2)

「他の女奴隷たちはどうしているんだい」 「珠江夫人は川田さんと吉沢さんから二人掛かりで、娼婦の手管を叩き込まれているわ。今夜また徹夜で調教らしいわ。週末に岩崎親分がやってくるから、静子の代わりに相手をさせるんだって」 「美沙江は今夜、岩崎親分の弟の時造さんに水揚げされることが決まったから、桂子からその時の作法を教え込まれているみたいや。友子と直江がついてるけどあの二人はそっちの経験は少ないからあま…
続きを読む
新花と蛇

35.美少年散華(1)

 田代屋敷の二階、津村義雄に割り当てられた部屋では、裸の男同士の異様な愛欲図が繰り広げられていた。 ベッドに腰掛けた津村の上に膝を割って抱き取られているのは村瀬文夫である。なんと文夫は狭溢な菊座を津村の怒張した肉棒によって陵辱されているのだった。 「僕はこのベッドで君の姉さんの小夜子の処女を奪ったんだよ。姉と弟、両方の処女を奪った男は世間広しといえども僕くらいかもしれないね」 津村は満足そうにそう…
続きを読む

34.人間花器(2)

「どうしたの、奥様。急に黙り込んじゃって」  順子がからかうように声をかける。 「おおかたご主人のあそこを、チンピラ部屋で経験した若い男たちと比べていたんじゃないの?」  順子の言葉に珠江ははっとした表情になる。 「あらあら、適当に言ってみたんだけど、図星だったようね。奥様ったら、お上品そうな顔をして案外隅に置けないわね」  順子はそう言うと、友子と直江と声を上げて笑い合う。 「よほど若い男たちに…
続きを読む

【重要】auスマホのキャリアメールを連絡先にしている会員様へ

当サイトは会員申し込みメールに対するお返事はPCから発信させていただいておりますが、連絡先をauのキャリアメールに設定されていると、PCメールが届かない場合があります。 これは、auのスマホを購入した場合、デフォルトの設定ではPCからのメールはメールフィルターによって、インターネットからの受信を拒否する設定になっていることが原因です。
続きを読む
新花と蛇

33.人間花器(1)

 田代屋敷の二階にある菊の間と呼ばれている八畳の和室では、珠江夫人が「まんぐり返し」の姿で緊縛された裸身を、大塚順子と、美沙江のお付き女中であった友子と直江の目の前に堂々とばかりに晒していた。  珠江夫人の女の部分を縁取っていた繊毛は、菊門の周囲のあるかなしかといった産毛にいたるまですっかり剃り取られ、まるで童女のような趣きを示している。三人の悪女たちの視線を受けたその部分は、まるでそれ自身が生き…
続きを読む
12