アーカイブ: 8月, 2017

【業務連絡】8月28日にみずほ銀行より2000円入金いただいたN様

当方の記録では、貴殿の会員期限は2006年12月に到来済のため、再入会の際は改めて入会金2000円が必要となります。 恐縮ですが追加で2000円のご送金をいただけますでしょうか。 なお、その後別名義でご入会いただいている場合は、会員番号または登録のメールアドレスをご連絡ください。 よろしくお願いいたします。 なお、以前ご登録いただいたメールアドレスは不通となりました。 現在ご使用のアドレスをご連絡…
続きを読む
新花と蛇

40.姉と姉(4)

 二人の美女の接吻が互いの舌を吸い、唾液をすすりあうような濃厚なものに移行した頃、再び奥座敷の扉が開き、春太郎と夏次郎が顔を見せる。 「あら、ちょうど良いところに来たようね」  春太郎は笑いながらそう言うと、二人のシスターボーイの後ろに隠れるように立っていた全裸の文夫を部屋の中にどんと押し入れる。  舞台の上で全裸の姉と京子が絡み合っている姿を目にした文夫は、言葉もなく立ちつくす。 「あんたたち、…
続きを読む
新花と蛇

39.姉と姉(3)

 津村だけでなく春太郎や夏次郎といった変質性欲者に責め上げられれば、文夫は朱美の言うように男性としての機能を喪失してしまうかもしれない。そんな恐怖に小夜子は心臓が締め付けられるような苦しさを感じるのだ。 「そうね、小夜子の態度次第じゃあ文夫さんのホモ調教を中止してもらってもいいわよ」 「ほ、本当ですか」  小夜子は愁眉を開いたような表情を朱美に向ける。 「その代わり、小夜子は文夫との姉弟ポルノショ…
続きを読む
新花と蛇

38.姉と姉(2)

「み、皆様、いかがですか? お楽しみいただきましたでしょうか――」 京子と小夜子は涙で震える声をそろえてそういうと、深々と頭を下げる。 「私、ただいまショーを演じました野島美津子の姉の京子でございます」 「同じく、村瀬文夫の姉の小夜子でございます。よろしくお引き回しのほど、お願い致します」 ここで朱美の発案により、京子と小夜子は自分たちの妹と弟のショーの感想を語り合うことになる。 「さ、小夜子さん…
続きを読む

37.姉と姉(1)

 津村の部屋を出た義子とマリは、廊下を渡って奥座敷へと向かう。 襖を開くと、さきほどの男同士の愛欲の部屋とはまた違った、むっとするような女の汗の臭いが立ち込めているのが分かる。 関西の大物やくざ、岩崎大五郎を迎えて開催される次回の秘密ショーの主要な出し物である、京子と小夜子によるレズビアンショーの調教が開始されていたのである。 23歳の京子と22歳の小夜子は、共に成熟した素っ裸を厳しく緊縛されて奥…
続きを読む