アーカイブ: 4月, 2019

【お知らせ】連休中のサイト運営について

10連休中も耽美画報は通常通り、毎日曜に更新させていただきます。 ただしこの10連休の間、白川は自宅を離れておりますので、その間、郵便振替票の確認ができません。会員期間の更新手続きについては、連休明けにまとめて行いますのでしばらくお待ち頂きたくよろしくお願いいたします。 なお、新規入会でお急ぎの方についてはメールで入金日と入金額を個別にお知らせください。該当する入金額があればサーバーにIDとパスワ…
続きを読む
新花と蛇

196.肉の狂宴(9)

「おとなしくするんや。酒がこぼれるやないか」  義子は銚子を山崎の肉棒の先端からぶら下げると、その口から酒を注ぎ込む。 「うっ!」  敏感な箇所がぐっと引き伸ばされるような痛みに、山崎は思わずうめき声を上げる。義子はまるで理科の実験をするような真剣な顔付きで酒を銚子に注いでいる。 「さあ、出来たで」  義子は山崎の太腿をパシッと叩くと立ち上がる。素っ裸のまま大股開きで固定され、肉棒の先端から銚子を…
続きを読む
新花と蛇

195.肉の狂宴(8)

「い、意地悪言わないで……」 「駄目よ、ちゃんと自分で言わなきゃ」 「ああ……」  京子は一瞬天を仰ぐと、やがて口を開く。 「京子の、京子のおマンコを広げて……山崎さんに奥の奥までお見せして」  京子がため息をつくようにそう言うと、義子とマリは勝ち誇ったように笑い合う。 「京子姐さんにそんなに頼まれたんやったら断れへんな」  義子はそう言うとマリとともに京子の陰唇に手をかける。二人のズベ公は「せー…
続きを読む
新花と蛇

194.肉の狂宴(7)

「わかりました……お手間をおかけして申し訳ありません」  そう答えた京子は堪り兼ねたように一筋、二筋涙を流す。それを見た義子とマリは顔を見合わせ、ニヤリと笑うと急に猫なで声になって京子に話しかける。 「わかってくれりゃいいんだよ。京子が言うとおりにしてくれるのなら、山崎や久美子のことだって悪いようにはしないよ。あたいたちからも折りを見て田代社長や森田親分に頼んでやるわ」 「そうや、これ以上女奴隷が…
続きを読む
新花と蛇

193.肉の狂宴(6)

「京子がそこまで頼むのならちっとは考えてやっても良いぜ」  鬼源はそう言うと「義子、マリ、ちょっと来な」と二人のズベ公を呼び寄せる。 「何よ、鬼源さん」 「ちょっと耳を貸しな」  義子とマリは鬼源がひそひそと囁く言葉に頷きながら耳を傾けていたが、やがて同時にニヤリと冷酷そうな笑みを浮かべる。 「わかったわ」 「面白そうやないか」  義子とマリはそう言うと京子の側に歩み寄り、挟み込むように立つ。 「…
続きを読む
12