• 『耽美画報』は『奇譚クラブ』、『裏窓』、『SMキング』、そして『SMセレクト』などの古き良きSM雑誌のテイストをデジタルの世界に再現したウェブサイトです。ユニークなコンテンツは男女を問わず、30代~40代を中心とした幅広い年齢層からご支持を頂いています。
  • 昔のSM雑誌は「絵」がとても重要な役割を果たしていました。古くは伊藤晴雨から四馬孝、秋吉らん、喜多玲子、沖渉二、そして林月光などの筆による華麗な挿絵が物語を引き立てていたのです。『耽美画報』はその名の通り「絵」にこだわり、掲載されている小説・物語はすべて挿絵入りです。
  • 1999年3月に開設された当サイトは2002年8月末に完全会員制、クローズドに移行しました。その後一般無料公開部分も一部復活し、また開設4周年の2003年4月を機に内容の一層の充実を図るために有料会員制に移行いたしました。
  • 現在は有料会員制サイト『耽美画報』とフリーサイト『耽美倶楽部』の2本立てで運営を行っています。現在のサイトの運営状況は週末(たいていは日曜)に、2~3作品程度の更新を行っています。このペースはフリーサイト開設からの10年近くほぼ変わっていません。
  • ウェブの世界ではこれほど長期間にわたって定期更新を行っているサイトは極めて稀です。有料サイトの会員数は2007年6月に1,000人を突破、現在1,200人に近づいております。
  • 本サイトには実際の女性モデルを使用した写真・動画などのたコンテンツはありません。一部のエッセイ、読者からの投稿をのぞきあくまで「絵と文」によって作られたフィクションばかりです。
  • 法律に抵触するようなコンテンツはありませんが、倒錯的な性愛を扱ったものが中心であるため、そういったものに興味のない健全な嗜好の方、または未成年の方の閲覧はご遠慮下さい。