作者アーカイブ: ShirakawaKyoji

新花と蛇

331 奈落の兄妹(3)

「なるほどね、泣き油とはよく言ったものね」  葉子は感心したようにそう言うと「ねえ、ちょっと私に変わってくれない」と銀子に声をかける。 「いいですけど、自分の手まで痒くなりますよ」 「かまわないわよ」  葉子はそう言うと山崎の股間の前に座り込み、右手の指先に泣き油をとる。 「まあ、探偵さんったら、可愛いお尻の穴をしているじゃない」  山崎のその部分は、銀子に塗り込まれた「泣き油」で濡れ、僅かに口を…
続きを読む
新花と蛇

330 奈落の兄妹(2)

「へえ、そうなの」 「手に職をつけないと生きていけませんからね」 「あなたたち、ズベ公って言っても、ずいぶん真面目なのね」  和枝が感心したようにそう言うと、朱美は「恐れ入ります」と笑う。 「次はこいつだよ」  銀子は箱から赤い蝋燭を二本取り出すとマッチで火をつけ、一本を朱美に手渡す。そして熱で溶け出した蝋を、山崎の急所に垂らす。 「うーっ」  山崎が顔を真っ赤にして唸り声を上げる。朱美もまた恐怖…
続きを読む
新花と蛇

329 奈落の兄妹(1)

「ふうん、これは本物ね」  葉子はそう言うとニヤリと笑う。 「本物って、何が?」 「和枝さんの文夫に対する気持ちよ。まるで恋する少女って所ね」 「からかわないでよ」  和枝は頬を染める。 「それに今夜じゃなくても、まだ機会はあるし」 「それはそうね。それじゃ今夜は休みましょうか」  葉子がそう言ったとき、義子が水差しを手に抱え、こちらに向かって歩いてくる。 「あ、お三人おそろいで、どちらに」 「ど…
続きを読む
新花と蛇

328 地下牢の母子(3)

「ひょっとして……お店はもう危なくなっているの?」  小夜子は、自分がモデルとなったとんでもない写真が、すでに青葉学院の同窓生や友人たちに大量にばらまかれていることを知っている。その中には宝石店の客も多いだろう。村瀬宝石店の娘が、いかがわしいポルノ女優に転身したということは、取引先の間ではもはや周知の事実となっているのではないかと考えたのだ。 「心配しないで。今までの貯えもあるから、すぐにどうなる…
続きを読む
新花と蛇

327 地下牢の母子(2)

「お母さん……気を確かにもって。こ、こんなことで心が弱くなっていてはいけないわ」 「こんなことって小夜子……お母さんは……」  文夫と肉の関係を持ってしまったのよ、とはさすがに口にすることが出来ず、美紀夫人は言葉を詰まらせる。 「それがこんなことなのよ。この屋敷では、私たちは人間扱いはしてもらえない。人間としての感情を持てば辛くなるだけなの」 「人間としての感情を持たないって……それなら私たち、何…
続きを読む