2019-05

新花と蛇

199.肉の狂宴(12)

「明後日には岩崎親分だけじゃなくて、岩崎一家から十人以上の客人がやって来るし、熊沢組や関口一家といった以前から懇意にしているやくざたちを加えれば、軽く二十人を越える男たちがこの屋敷に集結するのよ」 「美紀夫人や絹代夫人が、京子や小夜子たち...
新花と蛇

198.肉の狂宴(11)

「おっ、ついに持ち上げたぜ」  吉沢が頓狂な声を上げると部屋の中のやくざとズベ公たちはいっせいに哄笑する。 「なかなかやるじゃねえか、探偵さんよ。ポルノスターの素質は十分だぜ」  川田はそんな風に、歯を食いしばりながら肉棒で銚子を持ち...
新花と蛇

197.肉の狂宴(10)

「二人ともすっかり濡らしているじゃない」 「マンコの奥がキラキラ光っているで」  マリと義子のからかいに京子は「ああ……羞かしい、羞かしいのよ」と身悶えする。  美津子もまた魂を宙に飛ばしたような顔付きになり、「見て、お兄さん、見て」...
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました