昨年4月から連載を開始した『続 被虐の鉄火花』、現在連載110話まで進行しています。正編が526話ありますので、合計で634話です。

さて、物語は正編が女侠客の蘭子、その妹の慶子、そして医師の葉子を中心に展開していましたが、続編は正編の舞台であるQ市の隣り、Y市にある紅葉館という旅館の若女将、二宮雪路とその妹で師範学校の学生、玖美子姉妹がヒロイン。雪路と玖美子姉妹は父親の借金のために旅館を奪われ、蘭子や葉子同様の見世物女郎に堕とされることになります。

団鬼六ファンの方ならピンとくると思いますが、『続 被虐の鉄火花』は氏の『新妻地獄』や『肉体の賭け』といった、清楚な姉と勝ち気な妹が悪の手に落ち、淫らに責められるという黄金パターンをリスペクトしたものです。特に私は『新妻地獄』の「雅子」や『肉体の賭け』の久美子といった「勝ち気な妹キャラ」が大好きなので、本作品の事実上のヒロインは女だてらに空手を習っている玖美子です。

ですので、登場人物の名前もあえて『新妻地獄』や『肉体の賭け』にちなんだものとしました。鬼六ファンの方々には楽しんでいただけることと思います。