Russian Blueさんの本当に久しぶり(3年半ぶり)の新作です。

前作のようなノベルゲーム形式ではありませんが、ボリューム的には遜色ないように思います。

お値段もお求めやすくなっていますし、悪墜ちのパターンがお好きな方にはおすすめです。

(白川も発売されてからすぐに購入しました)