ふじさわたつろー氏はあまりメジャーじゃないようですが(失礼)、近親相姦ものファンの間には結構コアな人気があるようです。白川も非常に好きな作家で、特に母と息子の、あまり暗くならないけどほどほどの背徳性のある作品が好みです。 3月に出たばかりのこの作品集はタイトルがイマイチのような気がしますが、そういった傾向のマニアだけでなく、熟女好き、特にぽっちゃり系に目がない人にはお勧めです。